本文へ移動
東北労働金庫労働組合
〒980-0023
宮城県仙台市青葉区北目町1-15 6F
TEL.022-265-0447
FAX.022-265-0437
2
5
2
5
4
0

活動報告

組合活動の最新情報をお届けします

RSS(別ウィンドウで開きます) 

●第1回人事・教育専門委員会を開催しました(2015年11月6日)

2015-12-21

2015年11月6日(金)13001700、仙台市「東北労働金庫6階会議室」において、各支部専門委員7名、単組執行部5名が出席し第1回人事・教育専門委員会を開催しました。議題は、①専門委員の確認並びに専門委員長の選出、②2015年度(第15)人事・教育専門委員会に関わる活動方針の確認、③人事制度の運用状況について、④教育・研修について、⑤その他。

 ③は、各専門委員から、2014年度人事考課フィードバック面接と2015年度人事考課中間面接の実施状況や人事考課制度の改善点等について報告を頂きました。④は、2014年度教育研修総括、ならびに2015年度教育研修計画を踏まえ、次年度の教育・研修について、協議にて意見反映を行うため、現状の課題について意見反映を行いました。

●第1回労働対策委員会を開催しました(2015年11月5日)

2015-12-16
 2015年11月5日(木)11:001700、仙台市「東北労働金庫労働組合 書記局会議室」において各支部書記長が出席し第1回労働対策委員会を開催しました。議題は、Ⅰ.2015年度(第15期)労働対策方針年、Ⅱ.2015年度上期労働実態結果及び分析、Ⅲ.2015年度下期労働対策活動について、Ⅳ.その他について。
 Ⅱ.は、2015年度上期の労働実態及び分析結果について執行部から報告を行い、さらに特徴的な状況について各支部から報告を受けて、今後の対応について論議を行いました。Ⅲ.は、「ワークルール・協定の遵守・諸権利取得の推進」を基本方針として、時間外・休日労働管理、不払い労働の解消、季節休暇の取得状況の点検・強化を図っていくことを確認しました。Ⅳ.は、職場環境改善要求の取り組みの意思統一、職場集約表の入力の留意点、この間の労使協議諸課題の報告、ワークルール強化月間の取り組みについて意思統一を行いました。

●第33回経営協議会を開催しました(2015年11月4日)

2015-12-25
 201511月4日(水)10301230、仙台市「東北労金本部階大会議室」において第36回経営協議会を開催し、組合は執行部13名・業研専門委員長、金庫は専務・3常務、人事部長、人事部課長が出席しました。議題は①住宅ローンの現状と課題、②2015年度仮決算報告、③2015年度下期からの融資金利等、④事務改革関連、⑤マイナンバーの取扱い、⑥経営改善策「店舗の再編成(第1次案)」に係る10月討議状況報告、⑦その他。
 金庫より議題に関する説明を受け、組合としては職場環境の改善に向けた議論を展開しました。引き続き金庫の考え方を質し、職場で働く組合員が健康で安心して働き続けられることを第一義に金庫へ意見反映していきます。

●第64回全労金定期大会が開催されました(2015年7月28日)

2015-08-25

2015年7月28()14時~29()15時、全労金(全国労働金庫労働組合連合会)の第64回定期大会が福島市「ラコパふくしま」で開催されました。単組からは、代議員5名、オブザーバー2名、大会書記1名の8名が出席しました。

運動方針に対しては、全単組から、延べ33件の活発な発言がありました。東北労組からは、「震災からの復興・再生の状況、原発事故の影響等、現地の報告」について、末留委員長より発言し、また「公平・公正な労働条件の確立の観点から統一退職金制度協議に向けた意見・要望」について、板倉副委員長より発言しました。議案採決では、全議案が満場一致で承認されました。

役員改選では、四役7名(専従)、中央執行委員14名、会計監事2名が承認されました。東北労組からは、中央執行委員の菊池大輔さんが退任され、中央執行委員長(専従)に末留新吾さん・現単組委員長、中央執行委員に綿祐次郎・現単組書記次長が信任されました。

●2015年度新入組合員学校を開催しました(2015年6月5日)

2015-07-27

 2015年6月5日()午前11時から、仙台市・ショーケービル会議室において、2015年度新入組合員25名、青年部幹事会8名、単組執行部13名が参加し、『2015年度新入組合員学校』を開催しました。

 開催にあたり、末留執行委員長より「「労働組合」「東北労働金庫労働組合」「青年部」の基本的な内容を理解していただくことが目的です。あわせて、同期の仲間が一同に顔を合わせる貴重な機会となりますので、ぜひ交流を深めてください。」と挨拶を行いました。

その後、①労働組合活動、②私たちの人事・賃金・労働条件、③青年部活動、④全労済運動、⑤分散会、⑥全体集会を通じ、新入組合員全員が労働組合活動を学ぶことができました。

TOPへ戻る