本文へ移動
東北労働金庫労働組合
〒980-0023
宮城県仙台市青葉区北目町1-15 6F
TEL.022-265-0447
FAX.022-265-0437
2
5
4
8
3
8

活動報告

組合活動の最新情報をお届けします

RSS(別ウィンドウで開きます) 

●第1回業研専門委員会を開催しました。(2016年11月9日)

2016-12-01
カテゴリ:2016年度

2016年11月9日(水)13:0017:00、仙台市 ショーケー本館ビル会議室において、第1回業研専門委員会を開催しました。議題は、①専門委員の確認並びに専門委員長の選出、②2016年度(第16期)業研活動方針、③金庫諸課題関連、④業務遂行上の課題関連、⑤業研専門委員会から単組執行部への提言書原案提起、⑥その他。

 ①では青森県支部の及川委員を専門委員長に選出しました。②では活動方針について確認をしました。③では金庫諸課題について意見交換を行いました。④では事務・融資・渉外各部門の課題、契約職員・再雇用職員の働き方について意見交換を行いました。⑤では本専門委員会での議論を踏まえ、単組執行委員会へ提言書の提出を確認しました。今回の専門委員会で出された意見、要望を踏まえ、執行委員会で議論の上、経営協議会や労使協議に反映することを確認し、本委員会を終了しました。

●第1回人事・教育専門委員会を開催ました(2016年11月8日)

2016-12-01
カテゴリ:2016年度

2016年11月8日(火)13:0017:00、仙台市 ショーケー本館会議室において、第1回人事・教育専門委員会を開催しました。議題は①専門委員の確認並びに専門委員長の選出、②2016年度人事・教育専門委員会に関わる活動方針の確認、③人事制度の運用状況について、④教育・研修について、⑤その他。

①は、宮城県支部長町分会の小野寺委員を選出し、確認を行いました。②は、具体方針について、その実現・具体化に向け、人事教育専門委員会として議論を深め、活動を進めていくことを確認しました。本専門委員会で出された意見については、人事制度の適切な運用に向け、執行委員会で確認のうえ、金庫との協議のなかで意見反映していきます。

●第19回定期大会を開催しました(2016年9月3日~4日)

2016-09-29
カテゴリ:2015年度

2016年9月3日()13:30~4日()11:40、宮城県仙台市「アークホテル仙台」において、代議員111(2日目109)、オブザーバー36(2日目34)、執行部等14(2日目14)が出席し、東北労金労組第19回定期大会を開催しました。

大会では、全体で18件の発言があり、「店舗統廃合」「職場の要員体制」「ボランティア活動」「契約職員の処遇改善」「専門委員会報告」「青年部の取り組み報告」等が活発に議論された後、すべての議案が全代議員の満場一致で承認されました。

最後に、小野寺執行委員長の音頭で『団結ガンバロウ』を突き上げ、第19回定期大会は終了しました。参加された代議員・オブザーバーの皆さん、大変お疲れ様でした。

また、会場では復興支援として被災地の物資販売を行い完売することができました。ご協力大変ありがとうございました。

●2016年度新入組合員学校を開催しました(2016年6月3日)

2016-06-06
カテゴリ:2015年度
2016年6月3日()午前11時から、仙台市・ショーケービル会議室において、2016年度新入組合員30名、青年部幹事会8名、単組執行部14名が参加し、『2016年度新入組合員学校』を開催しました。

 開催にあたり、小野寺執行委員長より「労働組合活動は相互扶助の考えが根底にあり、仲間を大切にする気持ちを大切にしてほしい」と挨拶がありました。そして末留中央執行委員長からは「労働金庫の成り立ちや理念を大切にし、何事も一人で頑張るのではなくみんなで頑張ろう。」と挨拶がありました。

その後、①労働組合活動、②人事・賃金・労働条件、③青年部活動、④全労済運動、⑤分散会、⑥全体集会を通じ、新入組合員全員が労働組合活動を学ぶことができました。

●第2回男女平等対策委員会を開催しました(2016年5月13日)

2016-05-13
カテゴリ:2015年度
2016年5月13日(金)13001700、仙台市 東北労働金庫7階会議室において第2回男女平等対策委員会を開催しました。議題は①支部男女平等対策委員会開催報告、②支部女性集会の開催について、③不妊治療のための休暇・休職制度の確立について、④女性活躍推進法について⑤その他
 ①では、各支部より提出された資料を基に課題等について意見交換を行いました。②では、開催内容や参加率を上げるための取り組みについて意見交換を行いました。③では、年次有給休暇積立制度や不妊治療についての学習及び職場での理解を深めるための今後の取り組みについて意見交換を行いました。④では学習を行うなかで現在の職場状況について意見交換を行いました。
TOPへ戻る