本文へ移動
東北労働金庫労働組合
〒980-0023
宮城県仙台市青葉区北目町1-15 6F
TEL.022-265-0447
FAX.022-265-0437
2
4
6
6
4
4

活動報告

組合活動の最新情報をお届けします

RSS(別ウィンドウで開きます) 

●第2回労働対策委員会を開催しました。(2017年5月8日)

2017-05-09
 2017年5月8日(月)11:00~16:30、仙台市「東北労働金庫 7階会議室」において各支部書記長・青年部副部長が出席し第2回労働対策委員会を開催しました。議題は、①2016年度労働実態分析、②2017年度労働対策活動について、③その他。
 ①は、2016年度の労働実態について執行部からの報告を行い、それを受けて各支部から特徴的な実態について報告を受けました。課題や改善点について確認し、2017年度労働対策活動を展開していくことを確認しました。②は、単組方針を踏まえ、すべての分会で足並みを揃えて進めていくことを確認しました。③は、今後の分会オルグについて、毎月第一水曜日の労対職場集会の開催や報告の徹底、単組への労対報告様式の変更について確認を行いました。

●第8回女性集会を開催しました。(2017年4月22日)

2017-05-10

20174月22日(土)11:0019:40、仙台市「東北労働金庫10階会議室」において、組合員38名・専門委員7名・執行部14名の計59名が参加し、第8回女性集会を開催しました。

内容は①集会の基調提起、②単組版男女平等参画推進計画について、③講演「安心して働き続けるための異性間コミニケーションション術」、④分散会、⑤全体集会(分散会報告・集会のまとめ)。

③では、異性間コミニケーション認定講師の太田明日香氏をお招きして、「男性性と女性性」「仕事に対する男女間の違い」「異性・同性のコミニケーション」について講演を受けました。

④では、7グループに分かれて「男女がともに参加しやすい組合活動スタイルについて」「安心して働き続けることができる職場環境の実現に向けて」等について意見交換を行いました。

最後は「本集会で議論した内容を集約し、今後の男女平等参画推進計画ならびに組合活動へ意見反映していきます。また、皆さんが各職場に戻った後も職場の仲間と認識を共有し、より良い職場環境をつくり上げていきましょう。」と松崎書記長がまとめ、集会を終了しました。

●第74回中央委員会を開催しました。(2017年3月1日)

2017-03-02

2017年3月1日(水)13:3017:00、仙台市・東北労働金庫10階大会議室において、中央委員22名、オブザーバー1名(青年部)、執行部13名、会計監事1名の計37名が出席し、第74回中央委員会を開催しました。 中央委員会では、「諸経過報告」「第1号議案:単組2017春闘方針()」「第2号議案:2017年度時間外・休日労働協定並びに年間総労働時間協定への対応」「第3号議案:ジョブローテーション・ガイドラインの改定」「第4号議案:法人代理店移行に伴う分会の取扱い」「第5号議案:法人代理店で勤務する社員の労働条件」「第6号議案:2016年度上期会計報告並びに会計監査報告」「報告事項:労使協議諸課題の報告」が審議され、全体で8件の発言があり、各議案については、全中央委員の賛成で承認されました。

●第2回合同執行委員会を開催しました。(2017年2月2日)

2017-02-02
 2017年2月1日15:30~17:00、東北労働金庫8階大会議室において単組執行部13名、単組青年部幹事会8名が出席し、青年部との第2回合同執行委員会を開催しました。議題は①2017春闘関連、②意見交換、③その他。それぞれの春闘方針確立に向けて活発な意見交換を行い、小野寺単組執行委員長へ庄司青年部長から要請書が提出されました。

●第1回労働対策委員会を開催しました(2016年11月14日)

2016-12-06
 2016年11月14日(月)11:001700、仙台市「東北労働金庫 6階会議室」において各支部書記長が出席し第1回労働対策委員会を開催しました。議題は、①出席委員の確認、②2016年度(第16期)労働対策方針、③2016年度上期労働実態結果及び分析、④2016年度下期労働対策活動について、⑤その他。
 ②は、2016年度上期の労働実態及び分析結果について執行部から報告を行い、特徴的な状況について各県支部から報告を受け、今後の対応について論議を行いました。③は、「ワークルール・協定の遵守・諸権利取得の推進」を基本方針として、時間外・休日労働管理、不払い労働の解消、季節休暇の取得状況の点検・強化を図っていくことを確認しました。④は、職場環境改善要求の取り組みの意思統一、職場集約表の入力の留意点、この間の労使協議諸課題の報告、ワークルール強化月間の取り組みについて意思統一を行いました。
TOPへ戻る