本文へ移動
東北労働金庫労働組合
〒980-0023
宮城県仙台市青葉区北目町1-15 6F
TEL.022-265-0447
FAX.022-265-0437
2
5
0
2
3
5

活動報告

組合活動の最新情報をお届けします

RSS(別ウィンドウで開きます) 

●第31回経営協議会を開催しました(2014年2月24日)

2014-03-06

2014年2月24日(月)13001505、仙台市「東北労働金庫本部10階会議室」において第31回経営協議会を開催し、組合からは単組執行部12名、田中業研専門委員長、金庫からは千田専務、安彦常務、菅原常務、森常務、和久井執行役員、事務局として大波人事部長、手塚人事部課長が出席しました。議題は、①2014年度決算見込み(1月末基準)、②2014年度事業計画(第1次案)、③2014年度営業推進計画(第1次案)、④収益改善答申について。

千田専務、末留委員長の挨拶の後、上記議題に沿って金庫より説明を受け、質問や意見交換を行いました。

●第7回業研集会を開催しました(2014年2月22日)

2014-03-04

2014年2月22日(土)11001700、仙台市「東北労働金庫10階大会議室」において第7回業研集会を開催しました。各職場でアールワンのリーダーを務める組合員を中心に59名が参加し、来賓として全労金より渡部中央執行副委員長、講師として金庫より和久井執行役員をお招きしました。

渡部中央執行副委員長の挨拶では直近の全国の現況についてお話しいただき、和久井執行役員の講演では「システム移行後の課題認識と事務改革に向けた今後の展望」と題し、アールワン導入の経過や稼働後の運用について等お話しをいただきました。

午後からは、単組からの基調提起の後、部門ごとに分かれ分散会を行い、アールワン稼働後の職場状況、疑問点や情報提供など率直に意見交換を行いました。本部を含め、通常の業務中にはなかなか確認できない点も解決・共有することもでき、大変有意義な集会とすることができました。

※【組合員専用】「写真館」(単組)にも写真をアップしています。

●全労金・労済労連の組合員学校が開催されました(2014年2月13~15日)

2014-02-17
2014年2月13日(木)~15日(土)、静岡県「ろうきん研修所富士センター」において全労金・労済労連合同の第9回組合学校が開催されました。
内容は、両組織の紹介、基調講演「労働組合役員に求められること」、学習会「直近の社会課題や労働組合に求められる役割」、「労働組合活動における男女平等参画」、項目毎の分散会など、多岐に渡りました。特に印象深かったのは、両組織の単組で委員長を務める女性リーダーの対談で、ご自身の経験を交え、参加者の質問に丁寧に答えていただきました。
関東・甲信越を襲った大雪のため、解散日が一日延びるハプニングもありましたが、全国の仲間と寝食を共にし、大変貴重な経験をすることができました。

●第2回業研専門委員会を開催しました(2014年2月12日)

2014-02-25

2014年2月12日(水)13001700、仙台市「東北労働金庫書記局会議室」において、各支部業研専門委員6名、単組担当5名が出席し、第2回業研専門委員会を開催しました。

議題は、ローンセンター運営状況と課題整理、諸課題(組織機構改革、ローン相談会等)、アールワン移行に係る職場状況と業務遂行上の課題、業研集会の開催について。

業研集会は3日後に開催されることから、要領および分散会の進め方について専門委員で意思統一を図りました。

●第2回合同執行委員会を開催しました(2014年2月3日)

2014-02-24
要請書の提出(左から、末留単組執行委員長、亀谷単組青年部長)
独自要求を訴える宮青年部事務局次長

2014年2月3日(月)、仙台市「東北労働金庫本部10階大会議室」において単組執行委員12名、単組青年部8名が出席し、第2回合同執行委員会を開催しました。それぞれの諸経過報告、春闘方針(案)の説明後、単組青年部より要請書の提出を受け、独自要求について申し入れがありました。その後は青年部と意見交換を行い、本会議終了後の単組執行委員会において、独自要求の検討をすることとしました。

TOPへ戻る